監察医朝顔の登場人物紹介!あらすじとキャストは?原作との違いを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

 

監察医朝後の主人公を上野樹里さんが演じます!13年ぶりの月9の主演という事で注目されていますね!

今回は2019年7月スタートの『監察医朝顔』についてあらすじ登場人物キャスト、原作との違いについて紹介します!

監察医朝顔の原作はマンガ

監察医朝顔

(↑Amazonの販売ページへ飛びます)

監察医朝顔はマンガが原作の物語です!

原作は香川まさひとさんという方で、漫画を描いているのは
木村直巳(キムラ ナオミ)さん。

原作は『週刊漫画サンデー』という現在はなくなってしまった
漫画誌で連載されていました。

『少年サンデー』と勘違いしている人もいますが
まったく関係ありません 笑

監察医朝顔のほかにも『静かなるドン』などが連載
されていました。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

監察医朝顔の登場人物キャスト

今回ドラマ化された監察医朝顔の登場人物キャストについて紹介します。

万木朝顔

主人公の監察医の万木朝顔(マキ アサガオ)は『のだめカンタービレ』
上野樹里さんです。

新人の法医学者で刑事の父を持ち、恋人は風間俊介演じる桑原。

母親が東日本大震災の時に行方不明となったまま。

万木平

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#監察医朝顔 #上野樹里 #時任三郎

kao_oru🎶さん(@kao_o053936)がシェアした投稿 –

朝顔の父親の万木平(マキ タイラ)役に俳優の時任三郎さん。

時間があれば妻の遺体を探しに東北へ行く。

仕事一筋でやってきたベテラン刑事。

桑原真也

朝顔の恋人で平とは仕事でコンビを組む桑原真也役が
ジャニーズの風間俊介さん。

新人の刑事役で物語の重要人物です。

夏目茶子

主人公朝顔があこがれる法医学の大先輩、夏目茶子を演じるのは過去に『ロングバケーション』で月9出演していた山口智子さんが演じます!

この役のために髪を10cm以上もカットする気合の入りです!

万木里子

主人公朝顔の母親役で出演するのは過去に月9『あすなろ白書』に出演していた石田ひかりさん。

ドラマでは東日本大震災の時に行方不明となっていますが、過去の回想シーンなどで出演するものと思われます!

嶋田浩之

主人公朝顔の母方の祖父の嶋田浩之役はベテラン俳優の柄本明さん。

もともと無口な性格でしたが、東日本大震災の時に娘(朝顔の母)を亡くしてからはさらに口を閉ざすように。

岡安光子

医学部生の安岡光子は高い時給目当てにアルバイトで法医学助手を
することに。志田未来さんが演じます。

朝顔や周りの人を振り回す役どころのようです!

高橋涼介

みんなに愛されるようなキャラクターの臨床検査技師の高橋涼役は

風間俊介さんと同じ金八先生で有名になった中尾明慶さん。

私生活では仲里依紗さんと結婚されていて、愛妻家としても有名です!

強行犯係の同僚(森本、愛川、山倉)

平と桑原が所属している強行犯係の同僚の刑事の森本琢磨役と愛川江梨花
そして上司の山倉伸彦役はそれぞれ

森本琢磨役をジャニーズJr.の森本慎太郎さん

愛川江梨花役をウルトラマンや王様のブランチの坂ノ上茜さん

山倉伸彦役をTEAM NACSの戸次重幸さん

が演じます!

なかでも森本慎太郎さんはジャニーズジュニアでも注目されているSixTONESのメンバーとして、今回のドラマでも注目されていますね!

藤堂雅史

興雲大学の法医学教室に勤めているベテラン法医学者の藤堂雅史
板尾創路さん。

藤堂絵美

藤堂雅史の妻で同じく興雲大学の法医学教室に努めている
法歯学者の藤堂絵美役は平岩紙さん。

優秀な検視官の伊東純役は俳優のほかにもグループ魂のドラム
としてアーティスト活動もしている三宅弘城さん。

 

このようなキャストになっています!さすが月9ドラマといった

登場人物はみんな豪華なキャストですね!

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

監察医朝顔のあらすじや登場人物の関係

主人公の万木朝顔は遺体の死因を特定する新米法医学者

父親の万木平は刑事として朝顔が担当する地区に転勤し
朝顔とは仕事仲間としての関係もあります。

万木朝顔の母親は東北の実家に帰省していた時に東日本大震災で
行方不明になってしまったままです。

父親の万木平は時間があれば東北へ妻の遺体を探しに行っています

そんなつらい過去を背負っっている万木親子が日々起きる様々な
事件の真相を解明しながら、心の穴を埋めようとお互いに
寄り添いながら少しずつ前に進んでいく物語となっています。

朝顔の恋人の桑原は転勤してきた万木平が朝顔の父親だと知らずに
仕事でコンビを組み、のちに事実を知り、恋人の父親が仕事のパートナー
という気まずい状態で物語は進んでいきます 笑

この3人の関係の変化についてもドラマの見どころでしょう。

朝顔や平の同僚達も、辛い過去がありながらも遺体の生きた証を
一生懸命見つけようとする万木親子と仕事を共にしていくうちに
心境の変化が。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

監察医朝顔の原作との違い

監察医朝顔は今回ドラマ化するに当たって、原作をアレンジしている
ところがありますので、原作とドラマの違いを紹介します!

原作では阪神大震災

朝顔の母親は東日本大震災で行方不明になったままという設定ですが
原作では、阪神大震災で母を亡くしたという設定です。

今回のドラマ化で時代に合わせて設定を変更したようです。

原作では第一話で自宅で万木親子が二人でいるときに地震があり
朝顔が母が亡くなった阪神大震災の事を思い出して震えている
というシーンもありました。

原作ではこの母が震災で亡くなったというのは1巻でしか触れていない
んですが、今回のドラマでは全話を通して触れていくようです。

主人公の名前が変更

原作では主人公の万木親子の名前が違います。

万木親子の苗字は原作では「山田」でした。

そして父親の平の名前は原作では「山田万平」だったのがドラマでは
「平」に変更されています。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

まとめ

今回は2019年月スタートの月9ドラマ『監察医朝顔』について

登場人物やキャスト、あらすじ、原作とドラマの設定の違いについて

紹介しました!

東日本大震災を物語の中に大きく組み込んでいるドラマとなる

ので、メインストーリー以外にも、東日本大震災でいまだに

苦しんでいる人がいるという事を世間に訴えかけていいる

ドラマになっているんですね!

今回のドラマは登場人物もかなり豪華なので見ごたえがありそうですね!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

主題歌についての記事はこちら↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*