放射線食道炎?小林麻央『泣いても良い』衝撃の内容・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

放射線食道炎?小林麻央『泣いても良い』衝撃の内容・・・

今回は【放射線食道炎?小林麻央『泣いても良い』衝撃の内容・・・】について記事にしてみました!

 現在乳がんで闘病中の小林麻央さんですが、最近のブログKOKOROでは、親友との再会や、1年ぶりのネイルを楽しんだ事、美味しそうなガトーショコラを食べていたり、骨への放射線治療が終了したことの報告があったりと、明るく元気で前向きなイメージの投稿が多く、読者の皆さんも回復に向かっている小林麻央さんが見れてうれしく思っていたのではないでしょうか?しかし、1月26日に投稿された記事はアメンバー限定の記事でタイトルは『泣いても良い』・・・一体何があったのでしょうか・・・

参考記事

スポンサーリンク

アメンバー限定記事『泣いても良い』内容は放射性食道炎


 1月26日に小林麻央さんはブログKOKOROにてアメンバー限定記事『泣いても良い』を投稿しました。以前、1月13日に同じくアメンバー限定記事を投稿されたときは、『読みたい方だけ』というタイトルで内容は、がんの新たな部位への転移や闘病生活の辛さなどが記されていて、普段のブログKOKOROの雰囲気とは違った内容のブログでした・・・。そのことを考えると、今回もアメンバー限定記事にしたということは、なにか病気についてのあまり良くないことがあったということでしょうか?

参考記事 小林麻央『読みたい方だけ』1月現在の病状にいったい何が起きているのか!?

治療の副作用『放射線食道炎

 今回のブログKOKOROにて投稿された『泣いても良い』アメンバー限定記事の為、内容をそのまま転載することはできませんが、私がブログ『泣いても良い』を読ませてもらった所、内容としては放射線治療によって副作用が出てしまったという内容でした。その副作用が、放射線食道炎』だったんです。今回の治療では小林麻央さん自身も、強い副作用は出ずに終わると思って安心していたそうなんですが、治療が終了したと同時に副作用(放射性食道炎)が悪化してきたとのことで、常に鳥胸肉がのどにひっかかっているような違和感がとても強く、痛みも出てしまっているそうで、大変つらそうな症状が出ているようでした・・・。

スポンサーリンク

前回の副作用よりはずっとマシ

 放射線治療による副作用(放射線食道炎)がでてしまったとのことでしたが、以前の治療の時の副作用よりは全然マシ!ということも書かれていました。(前回の副作用とは咽頭炎のことです)マシとは言っても、辛いには変わりないんでしょう・・。なんとも心が痛みますね(;´Д`)

泣きたいときは泣く

 最近の小林麻央さんのブログでは明るい内容の記事が多かっただけに、今回は読者としても少しショックな内容の記事でした。「泣くことは笑うことと同じように免疫力が高まるそうです。」として、この『泣いても良い』の中では、タイトルの通り、辛いときには泣くようにしていることを告白していました。

 

※2月5日追記


2月4日のブログKOKOROで更新した最新の内容で「放射線食道炎も、ようやく回復方向に矢印↑が向き始めました。」と、放射線食道炎の症状がよくなってきたことを報告し、「少し お腹が空くという感覚が戻ってきたのです!」と、放射線食道炎の症状が緩和してきたことで食欲も出てきたことを報告していました。『泣いても良い』を書いたときは食事をするのも痛みで思うようにできずにつらそうなことが書いてありましたが、だいぶ良くなってきたようでよかったですね!


最後に・・・


 今回は『小林麻央ブログKOKORO最新記事更新『泣いても良い』内容は?』について記事にしました。最近は見ていてもほっこりする内容の記事が多かっただけに、衝撃を受けた内容でしたが、そりゃそうですよね。がんで闘病中なんですから。普段その辛さが見えないくらい明るくふるまうことができる小林麻央さんってやっぱり心がつよいんでしょうね!その心の強さで病状も回復に向かってくれることを願うばかりです!小林麻央さんの奇跡を信じています!頑張ってください!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*