【画像】バリ島アグン山が噴火直前!?日本への影響も?地図や場所について詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インドネシアのバリ島アグン山が噴火間近!?まじか…


インドネシアにあるバリ島といえば日本人も観光で訪れる方が多く、馴染みのある人気の観光地として有名ですよね。

そのバリ島では今大変なことが起きようとしています!

バリ島にあるアグン山という活火山が噴火直前というニュースが…!

日本や観光地への影響は?

今回はインドネシアのバリ島にあるアグン山の噴火について調べてみました!

バリ島アグン山の地図


まずはバリ島についてですが、バリ島は東南アジアのインドネシア共和国バリ州にある島。

ジャカルタがあるジャワ島のすぐ隣の島ですね!

 

そしてそのバリ島にあるアグン山の場所がこちら↓

アグン山はインドネシアのバリ島の東部に位置しています。

スポンサーリンク

アグン山の詳細・画像


画像はWikipediaより引用

https://ja.wikipedia.org

名前:アグン山(インドネシア語: Gunung Agung

標高:海抜高度3,031m

過去のアグン山の噴火

Wikipediaによると過去にアグン山が噴火したのは

現地の記録によれば、89年、91年、148年、189年に噴火しており、最後の噴火は1963年-64年である

アグン山の最後の噴火は、1964年3月18日に始まった。火砕流、溶岩が周囲の集落を破壊して死者は1,600人に上り、数千人が家を失い、居住地の移動がなされた。

観光地への影響・そして日本への影響は!?


現地観光地への影響

バリ島の繁華街は島の南に位置している『クタ』という地域です。

日本人が観光で行ったときにはここがメインになるのではないでしょうか?

クタからアグン山までは約80キロほど。

溶岩が流れて来ることはないと思いますが、小さい火山岩などが噴火で飛んでくる

可能性もあるかもしれません。

スポンサーリンク

風向きがクタの方を向いていれば火山灰が降る可能性がたかいのではないでしょうか。

ただ、繁華街は80キロほど離れていますが、アグン山周辺にも寺院やキンタマーニ高原などの大自然を満喫できる観光地が点在しているので観光地への影響は大きいと思います。

ハザードマップを公開

現地では国家防災庁(BNPB)がハザードマップを公開して警戒を呼び掛けています

バリ島アグン山の噴火による日本への影響は?

アグン山がもし噴火した時は日本への影響はあるのでしょうか?

バリ島と日本は約4000キロも離れているので

溶岩の影響や溶岩石が飛んできたりといった噴火による直接的な影響はないと思いますが

1964年に噴火した時は大量の噴煙によって世界中の気温が低下したという記録が残っています。

とすると、噴火の規模によっては

日本への間接的な影響もあり得るということですね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*