NISA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

NISA(ニーサ)って何?


携帯電話, スマート フォン, 証券取引所, お支払い, 経済, 金融

NISAって何?普通の株式投資とは何が違うの?誰ができるの?

最近よく聞くジュニアNISAって?

そんな疑問をいだいている方は多いと思うので、今回調べてみたいと思います。


NISAの基本


NISAは日本国内に住む20歳以上の方が使える制度で、株式投資や投資信託

などによる利益が非課税になります。年間で120万円までの取引の分が非課税になる

とってもお得なシステムです。

口座開設できる期間は2014年から2023年までで、非課税期間は投資を開始した年から

最長5年間です。

別名【小額投資非課税制度】と呼ばれています。

年間120万円までの投資が5年間なので、120×5で最大で600万円分の投資

によって得た利益が非課税となります。

2014年開始当初は、年間100万円までの非課税枠でしたが、2016年に

年間120万円までに引き上げられました。


普通の株式投資との違いは?


証券取引所, お支払い, 経済, 金融, トレーディング フロア, 金融の世界

普通の株式投資との違いを調べていきましょう。

まずは、株の売り買いをより慎重にしなくてはならないということ。

これは、普通の株式投資では、売り買いは自由に何回でもできます。

取引している証券会社によっては売り買い毎に手数料を取られるところや

定額制で何回でも売り買い可能などありますが、基本的には自分で自由に

何度も売り買いできるんですが、NISA口座の場合は、1度非課税枠で購入した

分は売ってしまうともとに戻らないんです。つまり、1月に120万円分の株を1度に

買ったとしましょう。予想よりも利益が出そうにないなと思って、

同じ月にすぐに手放してしまうと、その年の非課税枠は終了!ということなんです(-_-;)

なので株を買うタイミングを十分に見極める必要がありますし、

120万円の枠を1つの銘柄だけではなく、複数の銘柄に分散して投資を行うのが

いいでしょう。

【損益通算】

その年の利益と損失を合計して出た利益にのみ課税するシステムですが、このシステムが

NISAにはありません。

この制度は利益が出たときにだけ税金を取るのは公平ではないということから、

損失分を利益の額から引き、トータルででた利益にだけ課税しますよというもの。

優しいですね 笑

NISA口座で取引した120万円までの物の利益が出た分は完全に非課税にする代わり

損失分は面倒見ませんよ。ということ。なので銘柄選びも慎重に行わなければいけません

出来るだけ利益が出そうな銘柄を選ぶ必要があり、初心者向けと言われている

NISAですが、結構大変かもしれませんね(;^ω^)

次回はさらに詳しいところを調べていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*