生活するうえで貰えるお金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生活の様々な場面で貰えるお金について


生活, スクラブル, ワード, テキスト

『夫婦間贈与で数千万円を非課税に』

婚姻生活が20年以上の夫婦間で住居用の不動産贈与時に2000万円まで非課税になる

このシステムを使って、節税することが可能です。

贈与税には元々基礎控除が110万円あるので、

合計2110万円がその年に非課税で贈与できることになります。

夫名義の住宅があり、夫が病気で余命が短い場合など、生前に妻に贈与することで

本来、夫がなくなった後に妻に相続される住宅に関する相続税を大幅に削減することが

可能になる。

『一度扶養からはずれた子供を再度扶養にいれて節税』

子供が成人して一度扶養から外れても再度扶養に入れることができるという。

しかもこの扶養控除の制度、6親等以内の血族や、3親等以内の姻族までの人を

扶養家族に入れることが出来る。

親戚などに所得が低い一人暮らしをしている方がいれば扶養家族に入れて

控除を申請することが出来る。知る人ぞ知る『裏技』として使っている人もいるようです。


『家族が亡くなったとき』


『埋葬料』

家族や親戚が亡くなったときに、葬儀を行った人に対して支給される制度。

葬儀を行った人と亡くなった人との続柄によって支給される金額は異なるが、

一般に5万円前後だという。

『寡婦年金』

国民年金加入していた夫が保険料を25年間以上納めていたにもかかわらず、

年金受給年齢前に亡くなってしまった場合、夫の老後基礎年金の4分の3を

夫に変わって扶養されていた妻が受給できるシステム。

『寡夫控除』

妻と死別した、または離婚し、養う子供がいる場合、年収が500万以下だと

その年に27万円の控除を受けることが出来る。

『相次相続控除』

両親事故や災害などでほぼ同時に亡くした場合、最初の相続時にかかる

相続税を、次の相続時にほとんどを差し引くことが出来る制度だ。

基本として、10年間に2回の相続があった場合に適用される。

国税庁への申告で適用される。

『空き家解体費用補助など』

両親が亡くなってしまい、実家が空き家になってしまった。

そんなとき、近くで、自分が賃貸住宅に住んでいるようでしたら、実家を

自分の住居として使用すればいいのですが、離れて暮らしていたり、

古い住宅で済むのはちょっと…という場合には

この制度を利用して解体費用の補助を受けることが出来る。

耐震基準が出来る前に建てられた住宅で、倒壊の危険性がある住宅が対象となっている

地域によっては解体ではなく、賃貸として貸し出すようとして改装するための

補助金を出してくれる自治体もあるようです。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*