確定拠出年金って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『確定拠出年金』って必要?


人形, おばあちゃん, 子供のおもちゃ, 木, 再生, ノスタルジア

最近よく耳にする『確定拠出年金』

でもこれっていったい何なの?普通の年金と違うの?

よくわかんないからそのままでいーや。自分には関係ない。

そんな事ありません!!

この『確定拠出年金』とーーーーーーーーっても大事なことなんです!

なぜならば、あなたの老後資金としてかなり重要なものだからです!


普通の年金と何が違う?


公的年金と確定拠出年金の違いは

  1. 確定拠出年金は自分で運用し、将来のために備える。
  2. 支給開始は早いと60歳から貰える
  3. 税金が優遇される←※ここ重要です!!!

というところ。

細かく内容を調べてみました↓↓

①の『確定拠出年金は自分で運用し、将来のために備える。』

これは、公的年金や保険会社等が運営する個人年金等は、掛け金を積み立てるだけで

あとは全部お任せ。

決まった額が受け取れる仕組みです。これはこれで安心でいいのですが。

確定拠出年金は掛け金を設定し、それを元に自分で運用しながら積み立てていくものなんです。

自分で運用とは、掛け金をどの金融商品で利益を出していくか自分で商品選びをする

ということ。つまり、運用の仕方次第で受け取れる額が大きくなったりすることも。

とはいえ、自分で運用するということは自己責任なので、多少のリスクはつきもの。

Dollar, コース, ドル相場, トレンド, 開発, ブーム, 経済

 

②の『支給開始は早いと60歳から貰える』

公的年金の受給開始年齢は65歳から。

 

あなたが今働いている会社に60歳まで勤めて退社したとしましょう。

今までは毎月お給料を会社からいただき、月々の支払を済ませていましたが

60歳で定年退職になり、退職金は出るかもしれませんが、それは十分な金額ですか?

退職した次の月からはお給料は入ってきません。そうなったときにはじめて「はっ」っとしても

もう遅いんです。だから今のうちからできることをしていかなくてはならない。

確定拠出年金は受給開始が早ければ60歳から貰えるんです。

60歳で会社を退職してから65歳の公的年金受給までの5年間、生活の支えとして

存在してくれるんです。

老夫婦, ラスベガス, ストリップ, 通りの写真撮影, ネバダ州, 帽子

③の『税金が優遇される』

ここが確定拠出年金において一番重要なところなんです

個人拠出分(自分でお金を出した分)の掛け金が全額所得控除の対象になります!

個人型と企業型で個人拠出の金額は変わってきますが、自分で支払った分が

全額所得控除になり、さらに、年末調整時に所得税の還付が受けられます!

また、一般に投資信託等で利益が出た場合、その利益に対して税金がかかりますが

確定拠出年金で運用して利益が出た分(運用益)には税金がかかりません!

運用して利益が出た分は非課税でそのまま年金として受け取れる金額になります。

更に、受け取るときにも優遇措置が!!

確定拠出年金の受け取りは、一時金で受け取る場合と年金として受け取る2種類ですが、

一時金で受け取る場合は退職金などとの合算で退職所得控除が、

年金で受け取るときには公的年金と合算し、公的年金控除が受けられます


『確定拠出年金』で豊かな老後を


クルーズ, 船, クルーザー, クルーズ船, 休日, 船は移動します, 旅行

この確定拠出年金はうまく使えば老後を豊かにしてくれます。

退職してから考えるではダメなんです!できることはいまからやっておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*