配偶者控除って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

配偶者控除って何?


毎年、年末になると、会社から年末調整の書類を渡され、必要事項を記入し

生命保険などの控除証明書などを張り付けて提出しますよね?

その書類の中に配偶者控除についてのものもあるはずです。

ざっくりは知ってるけど、詳しいところは知らないな、、、

103万の壁って具体的にどーゆーこと??

配偶者特別控除って同じこと?

そんな疑問を今回は調べていきたいと思います。


103万円の壁

 

配偶者控除とは、生計を一にしている夫婦で、年間の合計所得額103万円以下

が対象となり、年末調整の際に所得税から控除される制度です。

また、事業専従者の給与がないことも条件になっています。

【生計を一にしている】

これは、納税者と同一の生計で暮らしているかということですが

必ずしも同居していなければいけないということではないそうです。

仕事の事情などで、普段は別居中でも、週末を共に過ごすような

ときや、毎月仕送りをしているなどの場合はこれに当てはまるんです。

【年間の合計所得額】

年間の合計所得額とはその年の給与収入から給与所得控除を引いた金額です。

【事業専従者の給与がない】

家族が経営している会社の従業員をされている方は事業専従者といい

配偶者控除を受けることが出来ません。

配偶者控除は給与所得から65万円を差し引いて38万円以下になる方を対象に

していますので、1年間の給与総額が103万円を超えてしまうと、配偶者控除から

外れてしまうんです。


配偶者特別控除とは?

 

では、配偶者特別控除とは一体何なんでしょうか?

配偶者控除とは違うんでしょうか?

配偶者特別控除は壁を越えてしまった人の為

配偶者控除は年間の給与額が103万円未満の方が対象になる制度ですが

配偶者特別控除は、その103万円の壁を越えてしまった人用の制度です

配偶者特別控除では、控除額は少なくなりますが、要件を満たせば

控除をうけることができます。

生計を一にしている夫婦で事業専従者の給与がなく、

年間の収入が103万円を超えて、141万円未満の方が対象です。

また、納税者(夫)の収入が1000万円以下でなくてはいけません。

控除される金額は103万円超~105万円未満だと、38万円(配偶者控除と同じ)

そこから収入が上がるにつれて、控除額は徐々に下がっていき、

141超~141万円未満は3万円の控除となります。

また、住民税も同様に収入に応じて控除額が変化します

103万円超~110万円未満は33万円、

そこから段階的に控除額が減っていき、

140万円超~141万円未満では3万円

となります。

うっかり103万円を超えないように気を付けたいですね!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*