家族に関係するお金の話

家族のことでもらえるお金①


家族, 人, 車, 探している, 子供, 男, 女性, グループ, 一緒に, 幸福, 一体感, 笑い

独身に比べて、家族が出来るとやはりお金がかかるのは仕方ないことです

今回は家族に関して、いろいろなお金のことについて調べてみました


子供、孫関係のお金


『私立幼稚園就園奨励費補助金』

私立幼稚園は公立の幼稚園よりも3倍近くの保育料がかかるとされています。

お金のことを考えると公立に預けたい。。

ですが待機児童などの問題があるため、私立しか選択肢がない場合もありますね。

その場合は私立幼稚園就園奨励費補助制度で年間最大30万円前後まで補助してもらえます。

所得や子供の人数によって補助される金額は変わってきますので、

幼稚園やお住いの自治体に問い合わせてみたほうがいいでしょう

『乳幼児・子供医療費助成』

子供は大人にくらべて怪我をしたり、風をひいたり、病気になったり

病院にかかることがおおいですよね。

多くの自治体では、乳児医療証などの証明書を病院での会計時に提示することにより

医療意を後日払い戻し、または免除になるところがほとんどです

地域により対象が未就学児までや中学校卒業までなど違いがあるようです

『特定不妊治療費助成』

最近は不妊に対する世間の理解も深まってきたように感じます。

子供が欲しいけどなかなか授かることが出来ず不妊治療をされているご夫婦の方

にとって、治療費は決して安くはありません

けれど子供のためならと頑張っているかたのための制度です!

世帯の合算所得が730万円以下、42歳までという条件はありますが

1回の治療につき75000円~25万円ほどの補助が受けれる制度です。

自治体によって内容に差があるようなので詳しくは問い合わせてください。

『チャイルドシート購入費補助』

子供が生まれると、車を所有している家庭では必須になってくるのが

チャイルドシートです

この制度はチャイルドシート購入後に領収書を提出することで3分の1~2分の1程度

上限1万円程度が補助される制度

『高等学校等就学支援制度』

この制度は私立高校に通う生徒がいる家庭の親が対象で

世帯年収が910万円以下の家庭が対象。

年収によって補助を受けれる金額が変わってくるが、年額11万8千円~29万7千円

この制度は2010年に公立高校の授業料無償化に伴う制度のようです

『婚活サポート』

こんな制度を実施している自治体もあります。。。

婚活事業での開催費を補助する自治体が増えているようです。

都会の人と田舎に住む男女の交流会やお見合いなどのイベントなどの

旅費、宿泊費などが補助されるようです。


最後に…


今回は子供、妊娠、結婚関係の申請したらもらえる、戻ってくるお金について

いろいろ調べてみました。

家族が増えることは最高にうれしいことですが、同時にお金がかかります。

知らないと損をすることもあるでしょう。

もらえるお金を頂いて、子供のために使ってあげましょう。

次回は子供、孫関係以外での家族についてのもらえるお金について調べていきたいです

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク