風邪の治し方!効果がある食べ物で少しでも早く治したい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 今週末は大事なデートなのに…2日後に大事な会議があって絶対休みたくない…週末は前から計画していた家族旅行…なのに!

風邪を引いてしまったΣ(゚Д゚)

そんな時は予定を諦めるか、一刻も早く治すか・・・

誰だって治したいですよね!

でも病院に行っている暇はないし、できれば薬には頼りたくない・・・

 そこで今回は風邪を早く治したいときに効果が期待できる食べ物や飲み物、何をすれば効果的なのかを調べてみましたので紹介します!

 

風邪を治す方法はない!?


 2017年現在、『風邪を治す』方法はありません。これをすれば風邪が治る、これを飲めば風邪が治る、さらにこの薬を飲めば確実に風邪が治る。というものはないんです!

『え?でも前に風邪ひいて病院で処方された薬飲んだら2・3日で治ったよ(´・ω・`)』

それは風邪の症状を抑える薬で熱や咳、鼻水などの風の症状を緩和しているだけです。

ではなぜ風邪が治るのか?

自分の免疫力で風邪のウィルスを無効化する結局は自分の力で治すしかないんですね!

 

免疫力を上げるために自分でできること


①栄養を取る

体が疲れているときや病気の時はまず栄養を取らなければ回復しません。風邪に有効な栄養素の代表はビタミンCです。それ以外にもビタミンAやタンパク質も取りましょう。

②体温を上げる

免疫力は体温が37°~38°の時がもっとも最適に高くなると言われています。風邪をひいてしまったら厚着をする、ホッカイロで体を温める等で体温を上げましょう。

③よく寝る

体の回復には欠かせない睡眠を十分にとることが大事です。睡眠を長くとるほど免疫力が上がるとの見方もあります。

④水分をこまめにとる

熱が出ていると汗をかき、思っている以上に体の水分が消費されています。一度に多く飲むと体を冷やす原因にもなるので、少しずつこまめに水分を取りましょう。

⑤こまめな手洗いとうがいで二次感染防止

風邪をひいているときは普段よりも体の免疫力が下がっているので、普段は感染しないような細菌が体に入ってしまったとき、2次感染し、風邪をこじらせる(長引かせる)原因になってしまいます。こまめな手洗いとうがいをすることによって細菌が体に侵入する確率を下げましょう。

⑥喫煙者は風邪を引いたらたばこは吸わない

タバコを吸うと体の回復に必要なビタミンCが失われます。また、タバコの成分が気管支の一部を傷つけることによって細菌に感染しやすくなり、2次感染の可能性が高くなり風邪が長引いてしまう原因になることもあります。

風邪にいい食べ物


 風邪を引いてしまったときは免疫力をアップして体の中でウィルスをやっつけられる環境を作ることが大事で、栄養を取ることが重要です。では、風邪を引いてしまったらどんなものを食べるようにすれば免疫力を上げることが出来るのでしょうか?

①みかん

みかんにはビタミンCが多く含まれていて、咳や痰を抑える効果があるとされています。

②豚肉

豚肉にはタンパク質やビタミンB1が多く含まれているので風邪で体力を消費した時に体力回復に役立ちます。

肉うどんにして食べると、うどんは消化も早いので風邪の時にはいいと思います。体を温めてくれるネギも入れましょう。

③ネギ

ネギには血行を促進して体を温める効果やウィルスの繁殖を抑えたりする効果があるとされています。

鍋に入れて体を温めて、ほかの野菜と一緒にたべて栄養を取りましょう。煮込んだ野菜やうどんは消化にもいいです。

④ショウガ

生姜には新陳代謝を活発にしてくれる成分と、風邪や食中毒に有効な抗菌成分が含まれているんです。

 よく生姜は体温を上げてくれるといわれていますが、生の生姜を食べると指先や足はぽかぽかしてきますが、実は体の中の方の体温は少し下がっています!これは生姜の血管を広げる効果により、手足の血行が良くなり、暖かくなるんですが、この手足を温めている熱はもともと体の中心にあった暖かい血液なんです。なので手足にあたたかい血液がいったぶん、中心の熱は奪われてしまうんです。

⑤ウルトラ生姜

 ウルトラ生姜とは、生姜を薄切りにし、乾燥させた物。生姜は乾燥させることにより、体の中心で熱を作り出すのを助ける成分が作り出されるため、このウルトラ生姜を食べると体の中心で作り出された熱を体中にいきわたらせるため、全身があったまります!風邪にはウルトラ生姜が最高の食べ物ですね!さらにこのウルトラ生姜は加熱してから食べるとこの効果が高くなるそうです。

卵スープにネギとウルトラ生姜を5枚ほど入れて煮込むと風邪にいいスープになります!

⑥レバー

レバーは体力回復に役立つ成分がはいっていて、更には免疫を高める成分も入っているんです!

ニラレバ炒めで風邪の食事として体力を回復しましょう!

⑦にら

にらは内臓の調子を整えてくれて、結構もよくしてくれる。風邪で弱った胃腸にとてもいい食べ物です!

ニラ玉でおなかの調子を整えつつ、栄養補給もばっちりです!

⑧たまご

卵にはタンパク質やビタミンが豊富に含まれているので風邪の時の栄養補給には最適です。

風邪の引き始めには玉子酒が効果的です。20歳以上で卵にアレルギーがなく、お酒が苦手じゃなければぜひ飲んでみてください。体があったまり、栄養補給も出来るので、こじらせずに早くよくなる期待が出来ます。父親が良く風にひき始めに飲んでいて翌日から元気に働いていたのを思い出しました 笑

⑨梅干し

梅干しには疲労回復の効果が期待できるので、風邪のウィルスと体が戦って体力を消耗しているときは梅干しで疲労回復し、しっかりとウィルスと戦えるようにしましょう!

⑩アロエヨーグルト

アロエには鼻、のどの炎症を抑える効果と、咳を抑制する効果が期待できるので、ヨーグルトに入れて食べるといいでしょう。

⑪ニンニク

ニンニクには強い抗菌作用と血行を促進してくれる効果が期待できるので風邪の時食べるのにもってこいの食材です!ただ、臭いが気になりますよね(;^ω^)ニンニクはどう調理しても匂いが出てしまいますが、少しでも臭いを抑えたい場合は、粒のまま、加熱調理するのがおすすめです!ニンニクは切ったりして断面が空気に触れると臭いの成分が強くなります。また、加熱することによって臭い成分の活動を抑制できるので、粒のまま加熱するのがいいですね。オリーブオイルでぐつぐつと煮込む焼肉屋さんでよく見かけるあれがちょうどいいのではないでしょうか?

⑫はちみつ

はちみつの抗菌効果によって体内の風邪ウィルスを殺菌してくれます。

はちみつレモンなどのあったかい飲み物が良いでしょう。

 

『風邪の時はお風呂に入らない方がいい』は嘘⁉


 結果からいうと嘘ではないですが、現代の住宅事情においてはこの言葉はあまり気にする必要がありません。

というのも、これは昔の日本の住宅では断熱材などが使われていなかった為、家の中が寒かったのと、屋外にお風呂やトイレ、洗面所がある家が多く、風邪をひいているときにお風呂にはいり、家の中に戻るときに外気で体温が下がって湯冷めしてしまう事から、こういわれていたみたいなんですが、現代の住宅は気密性が高く、お風呂も家の中にあるので湯冷めは気にする必要はありませんし、湯船に浸かって体温を上げる効果も期待できます!

ただ、高熱がある場合や、吐き気があるなど、あまりにも体調が悪いときの入浴は避けた方がいいでしょう。また、暑すぎるお湯も逆効果になってしまいますので、適度な温度で入るようにしましょう。

最後に・・・


 風邪かな?と思ったら、手洗いうがいをこまめにし、栄養のあるものを食べて、水分を取り、早めに就寝して十分な睡眠をとり、体の免疫力を高めてはやく調子のいい体を取り戻しましょう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*