意外と知らない!?申請するともらえるお金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

知らないと損をするお金の話

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-ook161103346

 

世の中には知らないと損をすることっていうのがいっぱいあります

一番の損というと、やっぱりお金の損は誰でもしたくないですよね(;^ω^)

本来もらえるはずのお金がもらえていない

自分から申請しなければもらえないお金

そういったものが意外と多いんです!!

しかも大々的には公表されていない!!

学校では教えてくれないんです!

実際自分も申請していればもらえていたお金をもらえなかったことがありました。。。

悔しい!(; ・`д・´)

そんな思いをする人を一人でも減らせたらと思い、この記事を書いています!!

もらえるものはもらいましょう!!ちゃんと税金を納めているんですから!!


子供を産むときにもらえる『出産育児一時金』42万円!!

00_pp17_pp_tp_v

 

出産にはかなりの費用が必要です!妊娠してからマタニティ用品を買ったり

毎月病院に検診に行ったり、出産するときの入院費用だったり……

すべて合わせると50万円~100万円以上になることも!!

予定して十分なお金を貯金している状態での妊娠なら何も心配ありませんが

子供は授かりもの。備えていないときもありますよね(;^ω^)

そんな時には『出産育児一時金』をいただきましょう。


『出産手当金』は給料の3分の2!!

rp_00_PP26_PP_TP_V1.jpg

 

働く女性の味方、『出産手当金』

これは勤務先の健康保険に加入していれば、産前42日、産後56日、標準報酬日額

の3分の2がいただける制度です。産休中は給料が支給されないため、妊婦さんの生活をサポートしてくれる制度、それが 『出産手当金』なんです!


子供の医療費は無料!!『医療費助成』


これはお住いの自治体によって違うようなんですが、乳幼児や義務教育就学児

の医療費の全額もしくは一部助成される制度です。

やはり子供が小さいうちはお金がかかります。乳児の時は一年に何回も

検診がありますし、歩けるようになって、外に遊びに行くようになると

怪我して帰ってきたり、学校で風邪やインフルエンザを移されたり(;^ω^)


『児童手当』月額15000円!!


これは大きいですね!子供に関する助成金の中でもメインのものと言えるでしょう。

『児童手当』は結構いただいている方は多いと思いますが

実はこの『児童手当』、以前は『こども手当』というものだったんですが

いつの間にか名前が変わり、申請しないともらえなくなったんですΣ(゚Д゚)

対象は0歳から中学卒業までのお子さんがいる家庭

お子さんの年齢や、人数に応じていただける金額は違ってきます

また、所得制限もあり、所得が多い方は一律5000円になります

児童手当は1年3回、4か月分をまとめて支給する自治体が多いと思います。

 


出産に関するもらえるお金のまとめ

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-150705250807

 

これが出産に関してもらえるお金です。どれも申請しないといただけません!!

出産、育児にはお金がかかります

ほんとにお金かかります(; ・`д・´)

経験者は語るです 笑

1、出産育児一時金42万円

2、出産手当金は給料の3分の2

3、子供の医療費補助『医療費助成』

4、児童手当

今回は出産、育児に関するお金の話でしたが、別の回では

『医療費に関してもらえるお金』や『仕事関係でのもらえるお金』

にかんしても調べていきたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*