泰葉が小朝を告発!桂三木助とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

泰葉が小朝をブログで告発!桂三木助も被害に…


泰葉さんがブログで元夫の春風亭小朝さんを告発しました!

ブログでは、結婚生活での春風亭小朝さんからのひどい扱いを受けて居たことや

その被害者が自分だけではなく、桂三木助さんもという内容が…

今回は、泰葉さんのブログで元夫の春風亭小朝さんが告発されたことについて

調べてみました!

スポンサーリンク

泰葉が小朝を告発したブログ全文


泰葉さんが小朝さんをブログで告発したのは2017年4月24日の午前1時40分ごろでのした。

その前からブログではある人物を告発しますと予告をしていたので、気になっていた方も多いのでは…

以下にブログの全文を掲載します。

私、泰葉事

海老名泰葉は

 

元夫、春風亭小朝事

花岡宏行を

20年にわたる

 

暴行 Domestic violence

いじめ Power hrunsement

異常性行為 Sexcial hrunsement

 

全てを網羅した

虐待をここに

告発します

 

私の双極性障害の原因は

この虐待によるものでした

 

しかし

私も悪いのです

階段から突き落とされ

肋骨にヒビが入る怪我をしたり

生命の危険を感じる

暴行を加えられた時に

通報する勇気があれば

よかったのです

 

本当に長い長い

苦しみでした

よく耐え忍んだと思います

 

この告発には

どれほどの

葛藤と勇気が必要で

どれほど

悩み抜いたか

どうか

ご理解ください

 

そして

 

受け止めてくれた

私のファン

応援してくれる友人

最大の理解を示した

ブレーンに

感謝します

暖かく見守ってくれている

私の大切な家族にも。。。

 

何より

 

自ら家族の虐待により

精神障害を持つ

A氏に心より御礼申し上げます

「泰葉さんが

カミングアウトしなければ

ココロ塾では誰も救済できない」

と背中を押してくれました

勇敢な姿に敬意と尊意を

表します

 

今週末にA氏と直接

お目にかかり

お礼を申し上げ

意見交換をする予定です

 

 

また

 

これから

皆様と共に

検証していきたいと思います

よろしくお願いします

 

最後に愛する祖母

海老名歌の言葉を

「辛抱する木に

実はみのる」

実るといいな!

 

泰葉ココロ塾を

応援してください

 

泰葉頑張りました!

yeah!!!

 

yasuha

泰葉が小朝を告発したブログで桂三木助についても…


 4月24日の午前1時に更新された泰葉さんが元夫の春風亭小朝さんを告発したブログの続きが同じ日の夕方5時頃に投稿されました!

 タイトルは『告発2』で、その中では泰葉さんだけではなく、桂三木助さんも春風亭小朝さんの被害者だったということが書かれていました。

春風亭小朝に被害を受けたのは

私だけではありませんでした

 

故四代目桂三木助の自殺は

小朝のいじめによるものでした

これは

落語界の中では

周知の事実です

関係者に聞いてください

 

私がいくら

泣いてすがって

三木助を助けてくれと言っても

小朝は知らんふり

 

大名跡三木助を襲名させ

「芝浜」という

大ネタをかけろと

無理強いし

散々叩かれ

それを

薄笑いしていた姿を

忘れられません

 

命まで奪った

小朝は

心から三木助に

謝罪してほしいと思います

 

そして

私も謝ります

 

三木助

ごめんね

助けてあげられなくて

ごめんね

圓歌師匠が

そっちに行ったから

パパと三人で

酒でもやってください

 

yasuha

命名「恐怖の金髪SM豚野郎!」


 「告発2」のタイトルで公開したブログで元夫の春風亭小朝さんの被害者が泰葉さん自身だけではなく、桂三木助さんも被害に合っていたことを告発しましたが、その日の夜7時ころに更新したブログでは

告発を決意させてくれた方、応援してくれているファンなどにお礼を述べたあと

私は私らしく

小朝に

新たな

称号を与え

本日の告発を終了します

とし、元夫の春風亭小朝さんにことをこういって締めくくりました!

恐怖の金髪SM豚野郎!

スポンサーリンク

最後に・・・


今回は泰葉さんが元夫の春風亭小朝さんをブログで告発したことや、桂三木助さんも被害に合っていたことを告発したことについて調べてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*