松居一代の病気は自己愛性人格障害?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

松居一代の病気は自己愛?


ブログやYouTubeで夫の船越英一郎の不倫を一方的に主張している松居一代ですが

彼女の狂気的ともとれる行動は何かの病気なのでは?

とも噂さえるようになってきましたが…

最近では松居一代に関する検索ワードに

『松居一代 病気 自己愛』

というワードがあったので調べてみました!

松居一代の病気は自己愛性人格障害の可能性


 自己愛性人格障害とは人格障害の一種だそうで症状としては

  • 激しい羨望(せんぼう)
  • 自己顕示欲
  • 共感性の欠如
  • 激しい攻撃性
  • 傷つきやすさ
  • 他人を利用する
  • 人間関係のトラブル

等があるそうです。

確かに松居一代のブログや動画を見ていると

激しい攻撃性や激しい羨望などが見て取れます

松居一代の病気は自己愛性人格障害の可能性もあるのではないでしょうか

スポンサーリンク

自己愛性人格障害はどうして発症する?


自己愛性人格障害の発症原因は未だにはっきりとはしていないので

薬での治療やカウンセリングによってすぐに治ることは難しいようです。

研究者アーノルド・クーパーは様々な研究から考えられる要因として次のことを上げています

  • 生来の過度に敏感な気質
  • 現実に立脚しない、バランスを欠いた過度の称賛
  • 良い行動には過度の称賛、悪い行動には過度の批判が幼少期に加えられた
  • 親、家族、仲間からの過剰な甘やかし、過大評価
  • 並外れて優れた容姿、あるいは能力に対する大人からの称賛
  • 幼少期の激しい心理的虐待
  • 予測がつかず信頼に足らない親の養育
  • 親自身の自尊心を満足させるための手段として評価された

これを見てみると小さいころからの周りの環境にかなり影響を受けやすい

ということが分かりますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*