小林麻央アメンバー限定最新記事更新『塚田先生』その内容とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログKOKOROでアメンバー限定記事を更新『塚田先生』


3月5日最新記事『塚田先生』更新…って誰?

 小林麻央さんが自身のブログKOKOROを更新しました。最新記事はアメーバの会員で、小林麻央さんのブログ読者登録していないとみることが出来ないアメンバー限定記事で投稿されています。アメンバー限定記事は本人の意向で特定の人に見てほしいという内容なので、そのまま内容を転載することは控えたいと思いますが、私がブログを見た感想を書いていきたいと思います。直接的な内容を書いてしまうと、小林麻央さんがアメンバー限定にした本人の意向に反してしまいますので、あくまでも記事を読んでの自分なりの感想しか書けませんので、十分に伝わらない部分はあるかと思いますがご了承ください。全文を読みたい方はアメンバーになり、読者登録して小林麻央さんのブログを拝見してください。

スポンサーリンク

『塚田先生』その内容とは…


小林麻央に希望を与えてくれた先生

 タイトルの『塚田先生』とは、小林麻央さんが乳がんで悩んでいて暗く落ち込んでいた過去の時期。おそらくそんな時にお会いした先生なのでしょう。麻央さんが子供の成長を見ていたい!と思うような考えにしてくれた、希望の言葉を多くかけてくれた先生とのこと。

塚田先生は富山大学附属病院 前院長

 小林麻央さんに多くの希望の言葉を与えてくれた塚田先生は塚田一博さんという方で富山大学附属病院で前院長をされていたすごい先生。塚田先生は医学博士をお持ちの先生です。富山大学の副学長でもあります。2006年には勲章の一つ『瑞宝中綬章(ずいほう ちゅうじゅしょう)』を受賞しています。

塚田先生の詳細はこちらで紹介しています⇒富山大学附属病院の塚田先生とは?亡くなった原因は?

3月5日は塚田先生のご命日

 このアメンバー限定記事『塚田先生』が投稿された3月5日は塚田一博先生のご命日(Wikipedia参照)。麻央さんが初めて塚田先生とお会いしたのはいつかは分かりませんが、お世話になった時間はそう長くないうちに塚田先生はお亡くなりになってしまったのでしょう。Wikipediaで塚田先生の情報を見ると、2016年3月5日にお亡くなりになられていますので、麻央さんが初めて会ったのは2016年の1月ごろなのでしょうか。

『チャンスはピンチ』

 塚田先生はチャンスはピンチだと考えていた先生だそうで、麻央さんは何かあるたびに、この言葉を思い出し、前向きな気持ちになることができ、何度も励まされていたのではないでしょうか。

普通はピンチはチャンスと考えますが、塚田先生は外科医である仕事上、この言葉を格言として持っていたのかもしれませんね。

受け止められなかった塚田先生の訃報

 塚田先生はこんなにも麻央さんに生きる希望を与えてくれた先生なので、塚田先生の訃報を聞いたときは、事実を受け止めるのに時間が必要だったのではないでしょうか。Wikipediaによると塚田先生は65歳でお亡くなりになられています。

先生に感謝を伝える日。

 本日3月5日は塚田先生の命日(Wikipedia参照)。そんな日に麻央さんはお世話になった先生に感謝し、生きる希望を与えてくれた先生との思い出を振り返って今日1日は笑顔で過ごす日だと決めているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

最後に・・・


 今回は、小林麻央さんもブログKOKOROでアメンバー限定記事にて投稿されたタイトル『塚田先生』の記事について書かせていただきました。小林麻央さんがここまで頑張れているのもその先生のおかげなのかもしれません。出会ってからそう長くない期間で先生はお亡くなりになったのかもしれませんが、多くのことを教えてくれた先生。今日はその恩師の命日。感謝の気持ちで1日笑顔で過ごす麻央さんが想像できます。今回はアメンバー限定記事なので、内容をそのまま転載することはできませんが、私なりの解釈で記事の内容を読んで感想を書いてみました。

今回のアメンバー限定記事は会員登録をして、小林麻央さんのブログ読者になると記事を読むことが出来ますので、読みたい方はアメーバブログにて会員登録を行って内容を確認してください。

スポンサーリンク

塚田先生の詳細はこちらで紹介しています⇒富山大学附属病院の塚田先生とは?亡くなった原因は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*