小林麻央の皮膚移転や余命についての真相がやばい..!!1月最新病状は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『小林麻央の皮膚移転や余命についての真相がやばい..!!1月最新病状は?』について記事にしていきます。

現在病院に入院し、闘病中の小林麻央さんですが、小林麻央さんのブログ『KOKORO』で乳がんが骨や肺への転移をしていると告白、そして最新のブログ『KOKORO』では、衝撃の内容が・・・・1月現在の最新の病状はいったいどうなっているんでしょうか?2chでの皮膚転移や余命が1月?2月?との噂の真相は・・・・!?


小林麻央の皮膚移転や余命についての真相

 今回は『小林麻央の皮膚移転や余命についての真相がやばい..!!1月最新病状は?』について2chで噂になっていることの真相について調べてみました。

 小林麻央さんのブログ『KOKORO』では入院中の出来事や小林麻央さんの周りの出来事などがつづられていて、ステージ4で闘病中の方とは思えないような明るく元気なイメージの内容の日記が多く、小林麻央さんの回復を願っている多くのファンの方達も毎回観覧して応援しているようですが、先日、1月13日に一般のブログ観覧者は見れないアメンバー限定記事”にて現在の詳しい病状や癌との辛い闘病生活を告白しました。

スポンサーリンク

 その限定記事の内容は普段の『KOKORO』での、がんに侵されながらも明るく元気なイメージの日記とは違う雰囲気で、病気のリアルな進行状況病状の変化による生活への影響周りの方達への想いなどのリアルな現状がつづられていました・・・。

 小林麻央さんは現在ステージ4という段階で、全身への転移がある状況ですが、アメンバー限定の記事の中で皮膚への転移があることを告白しました。

 がん細胞が組織から肌表面の方へ浸透し、最終的に肌を突き破り、肌表面で主要を形成してしまう『花咲き癌』と言われる状態にあるようで、肌の組織が腐食してしまい、そこが菌に感染すると悪臭が漂うようになるようで、患部の包帯を替えるときや、着替えの時はどうしても臭いが出てしまうようで、周りの人を気遣う麻央さんの様子もあるようでした。。とても辛い状況ですね・・・また、幹部からは浸出液や血液も出るため、シャワーを浴びると床一面が血で赤く染まってしまうことも・・・。

 また、この状態になると、通常の痛み止めでは効かなくなっているため、より強力な痛み止めを使用しているような状態です。それでも痛みの症状があるところは放射線治療や切除処置という形で手術も行っており、体への負担は相当なものに違いありません。

この事から、小林麻央さんは1月現在とても壮絶な状況に置かれていることがわかります。


余命については『全身療法が効けば・・・』

余命については『全身療法が効けば大丈夫、生きられる』というような言葉が先生からあったとのことです。

スポンサーリンク

 ”効けば”とても気になる表現の仕方で、逆に言えば『効かなければ・・・』ともとれる言葉ですが、私たちにできることはただ信じて小林麻央さんの強さを信じて回復を願うことしかできません。

※全身療法とは、主に薬物治療のことで、血流によって全身に薬を循環させ、全身の細胞に行きわたらせる治療のことです。

また、2つ目のアメンバー限定記事では、お母さんに作ってもらったお弁当が美味しかったが、食べた直後に戻してしまい、とても残念だったという内容があり、体調にいい時と悪いときのリズムがあることを語った。

 

 

小林麻央に奇跡が・・・


 アメンバー限定記事を1月13日に投稿した後の14日からの日記では体調が少しずつ回復していることや、子供たちや夫の市川海老蔵さんのお正月の様子の紹介があり、いつもよりも明るい投稿内容が多いように感じています。そして最新の投稿では『退院を目指す』というタイトルで、このように書かれています。

点滴がはずれ、
飲食の力も、戻り、
 
これからは、歩いて、
筋力を回復させ、
 
家族の元へ戻る準備へ
気持ちを向かわせます。
 
「退院目指そうね!」と
主治医の先生にもお言葉を頂きました。
 この記事には元気そうに明るい笑顔で一人で立ってポーズをとっている小林麻央さんの写真が載っていて、体調が回復していることが目に見えてわかります!
以前、1月9日のブログでは
人生で初めて
「食べる」ということの壁を
経験しています。
 
これまで
何があっても「食べられる」ことだけが
自信だったので、
 
こんなに
 
ただ一生懸命に食べる
ということがあるのだと、、、
 
知りました。
 と、がんの影響で食べることへ影響が出ていることをブログ『KOKORO』で記していましたが、最新の記事の中では”食欲の力も戻り”という言葉もあり、確実に体調が回復してきていることが分かります。
この様子を家族の方達も喜んでいるようで、
食べる私が戻ってきて、
家族が喜んでくれています。
 
食べているだけで
誰かに喜んでもらえるなんて、
照れくさいですが、ありがたいです。
 
基本の大切さを
噛み締めます。
と、食べる事への壁を感じていた辛い時期を乗り越え、食べれるようになった喜びが感じられます!
 
 

最後に・・・


1月現在、ステージ4で入院して闘病中の小林麻央さん。

 食べることも難しいくらい辛い時期があったことや、病気に関して、身体的な辛さだけではなく、精神的な辛さを語った小林麻央さんですが、最新の記事では体調が少しずつ回復して食欲も戻り、一人で立てるようになった様子が投稿されていました。

 小林麻央さんのブログ『KOKORO』での記事を見ていると、ステージ4のがんに侵されながらも、がんに負けない強い意志がひしひしと伝わってきます。小林麻央さんはとても強いココロの持ち主であることが分かります。もちろん周りで支えてくれている夫の市川海老蔵さんや、子供たち、家族の皆さんの力もあるでしょう。

 ステージ4とは『末期がん』のことです。『末期がん』というと、”もうどうにもならないんじゃないか・・・”、”もう手遅れ・・・”と想像してしまう人も居ると思いますが、末期がん=死ではありません!確かにステージ4になると生存率は極端に低くなりますが、0ではないのです!可能性がある限り、小林麻央さん本人は絶対に諦めないとおもいますし、夫の市川海老蔵さんや周りの方達も支え続けるとおもいます。

ブログ『KOKORO』を読ませてもらっていると、小林麻央さんなら絶対によくなる気がします!!

小林麻央さんに奇跡が起こることを祈っていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*