iPhone7や最新スマホを購入する前に知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

割賦契約の危険性

あなたのスマホの買い方、大丈夫ですか?

スマホの端末は携帯会社から借りている物ではなく、あなたの物として携帯会社から

購入するんです。

ですが、最近のスマホは高額なものが多く、端末の価格が10万円を超えるものも

珍しくありません。

ではなぜそんな高額なものを誰でも持てるようになっているんでしょうか?

それは、【割賦契約】つまり、分割払い契約をして購入しているわけです。

単純に10万円の端末を2年契約で購入すると、月に約4,166円の端末代金になりますが

ほとんどの場合は毎月の通信料から割引という形で実質的に端末が安く持てている

ということになっています。

ですが、この【割賦契約】クレジットカードが作れなくなる人が続出

しているらしいんです(; ・`д・´)

一体どうゆうことなんでしょうか!!


ブラックリストに登録される

端末代を毎月分割で支払う【割賦契約】にて購入すると、

10万円のローンを組んでいる(10万円の借金がある)

状態になります。

つまり、携帯会社が端末台をあなたに代わって立て替えているということです。

ローンを組んだ場合に必ずと言っていいほど、『個人信用情報機関』に

情報が登録されます。

ここにはどのような情報が登録されるのか調べてみました。

  • 名前、生年月日、電話番号、住所等
  • 立て替えている人→携帯会社
  • 立て替えてもらっている人→あなた
  • 購入した物→携帯端末
  • 立て替えている金額→端末代金
  • 分割回数→2年の場合24回
  • 毎月の入金状況

このような項目が登録されています。

では、なぜ携帯端末の割賦契約が原因でブラックリストに登録されてしまうのでしょうか?

携帯端末の分割払いをしていることはなにも問題がありません。

最近は学生や主婦でもクレジットカードが作れる時代ですし

住所や購入状況が登録されてもなにも問題はありません。

毎月の入金状況の項目が重要なんです((+_+))

例えば、『今月は風邪を引いてしまい、バイトを休む日数が多く、給料が少なくなっって

家賃や食費で精いっぱいで携帯料金の支払いが遅れてしまった』

そんな月があったとしましょう。すると、個人信用情報機関に

【この月は入金がありませんでした】

という情報が登録されてしまいます。

このようなことが何回か重なると、次に端末を割賦契約で購入するときに

契約できない可能性も出てきます。

それだけならまだいいんです!格安の携帯端末や、中古で端末を購入することもできますから!

重要なのは、その情報が、色々な会社に情報共有されてしま

ということなんです!

なのであなたが今後クレジットカードを作ろうと思い、申請をすると、

当然カード会社では審査が始まります。

この審査は何をしているかというと、この人は本当に信用してもいい人なのかを調べているんです。

クレジットカードは買い物した分が翌月請求されるシステムですよね?

ということは、お金を借りて買い物をして、翌月に支払う。つまり借金をするシステムです。

カード会社は、「この人にお金を貸したらちゃんと返してくれるのか」

を調べているんです。

そのときに携帯端末代の支払いが何回も遅れている状況を見たときに、

「この人はお金をちゃんと返さない人だ。信用がない人」

という判断をされてしまい、カードが作れなくなってしまうんです!!

クレジットカードだけではありません!

車のローンや住宅ローンなど

お金に関することすべてに影響してきてしまうんです!

これが一般にいう【ブラックリストに載る】

という状況なんです。

月に何千円の携帯端末料金も、ばかに出来ません。

ちゃんと払いましょう(;^ω^)

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*