日経トレンディにて発表された2017年ヒット予測Best30

今回は22位~30位までを紹介&調べていきたいと思います!

それではさっそく

ちぇーーーーーーけらーーーーーー!!!!!

22位 【3Dセルフィーメーク】


ハイウッド発の写真映えするメークのことで、写真共有サービスのインスタグラムなどの利用者が増えていることもあって、自撮りメークの鉄板『コントアーメーク』が注目されている。輪郭を強調するメークのことで、顔を小さく見せる効果もあるため、ダイエットメークとも呼ばれている。

また、伸ばす前の状態がまるで歌舞伎役者に見えることから、そのインパクトがある写真をインスタにアップし、ビフォーアフターを投稿するなど、インスタ映えするメークが2017年注目される。

23位 【まるでクリーニングマシン】


冷蔵庫のようなボックスの中に服を掛けてスイッチオン!最短20分で花粉が落ち、しわが伸びてクリーニング後のような状態に!!

そんな夢のようなマシンがすでに世界各国で何万台も売れているのだそうです。LGエレクトロニクスの『スタイラー』というマシンですが、2017年、日本市場にも投入されるとのことなんです!

日本人はニオイや汚れに敏感なので、奇麗好きな日本人にピッタリの製品です!

ほかのメーカーも同様の製品を出すことが予想されるので、更なる市場の拡大が期待される。

 

24位 【ソーシャル落とし物トラッカー】


超便利なIoTツールが登場!!忘れ物常習犯に朗報です!!

まるで洋服の値段タグのような形のものを所持品につけておくだけで、もしもその物を落としてしまったときに、スマホと連携して落とした場所や、その物がいまどこにあるのかを知らせてくれるアイテムが2017年登場します!!

これで落とし物も怖くない!?笑

25位 【ネオ秘境駅巡礼】


今、田舎の廃線寸前のローカル線の駅、いわゆる秘境駅に人気が出てきているという。

一日のうちに乗降客が1人もいないよう駅でも、スマホゲームと連携して若者の訪問者が増えているそうだ。

誰もいない無人駅の雰囲気が逆に新鮮なのかもしれない。2017年はこんな秘境駅めぐりが流行るかもしれない。

26位 【R-COOK】

結果にコミットするライザップが今度は料理にコミットします

ライザップの特徴である、マンツーマントレーニング。今度は料理教室でもマンツーマンで徹底指導!!さらにさすがはライザップ系列、低糖質メニューやSNS映えする盛り付けを短期集中で教えてくれるという。

27位 【トランポリンパーク】


アメリカで大人気の急成長しているトランポリンパークを運営する『スカイゾーン』

2017年に日本上陸の情報も!!一面にトランポリンンがあり、跳ねながらドッジボールや、SASUKEのようなアトラクションがある空間があり、子供から大人まで楽しめそうな空間になっている。

2016年にはトランポリンを使ったジムも登場しており、トランポリンは今後注目されていくだろう。

28位 【エクストリームシルエット】


最近のトレンドは70年代から80年代にかけてのファッションが再流行していて、ビックシルエットというサイズが少し大きめの服が主流になっています。2016年はこのビックシルエットが更に進化して、長すぎる袖の服や、大きすぎる襟などのやりすぎな【エクストリームシルエット】が2017年のトレンドになりそうだ。普通の服装ではSNS映えする写真が撮れないため、サイズに違和感があるものや、インパクトがある色使いの服など、注目を集めやすいものに人気が出ている。

29位 【無限色ペン】


2色、3色ボールペンや16色ペンなど、1本で何色もの色が出せるペンって昔からありましたが今年、1本で1600万色以上の色を出せる【無限色ペン】が登場します。

このペン、本体にカラーセンサーが付いていて、自然に存在する色をスキャンして、ペンの中で色を作り出すことが出来るんです。

本体内には5色のインクタンクを備えていて、スマホアプリと連動して好みの色を出すことも可能です。

30位 【個人型DC(iDeCo)】

個人型確定拠出年金のことで、老後資金を専用口座に積み立てると所得控除の対象になって税金が戻ってくる仕組みになっている。

これまでは主に自営業者だけが対象だったが、2017年からは公務員や、企業年金がすでにある会社員もそれに上乗せして利用できるようになる。

ゼロ金利政策があるため、銀行に預けているだけではほぼ金利もつかない預金が、この【個人型DC】を使うことにより、節税対策として使えるようになる。

 


いかがでしたでしょうか?2017年ヒット予測Best30

AI(人工知能)関連や、SNSをベースに考えられている物が多かったように感じました。

2017年が終わるとき、いったいこの中のいくつの商品が実際にヒットしているのか楽しみですね!!

最後までお読みいただき誠にありがとうございます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク