二日酔いになりたくてなっている人は居ないと思いますが、気を付けていてもついつい飲みすぎてしまう日って誰にでもあると思います。朝起きたとき頭がガンガン吐き気があって気持ち悪い。最悪ですよね(;^ω^)なってしまったものは仕方ない。少しでも早く症状が良くなるように対策をしましょう!今回は二日酔いになってしまったとき、何を食べたら(飲んだら)症状が緩和するのかを調べてみました!

そもそも【二日酔い】になぜなる?原因は複数ある・・・


 二日酔いになるのはなぜなのか、知っていますか?なぜ二日酔いになるのかを知らないことには、対策のしようもありませんからね。

 二日酔いになってしまう原因はいくつもあり、代表的な原因としては・・・

  • 脱水症状による二日酔い(アルコールには利尿作用がある為)
  • アルコール飲料に含まれる毒素による二日酔い(アデノシン、アセトアルデヒド
  • 低血糖症による二日酔い(肝機能がアルコール分解に使われる為)
  • 胃酸過多による二日酔い

などがあります。

なかでもアセトアルデヒドは肝臓がアルコールを分解する過程において、でてしまう毒素を含んだ物質で、あらゆる二日酔いの原因とされている。

二日酔いの時にいい食べ物


 ここからはネットで調べた情報と、お酒が大好きで、よく二日酔いになっている筆者の実体験を元に書いていきます!

その① グレープフルーツジュース

グレープフルーツに含まれている「ビタミンC」「フルクトース」はアセトアルデヒドを分解する働きを促進させる効果があり、このアセトアルデヒドが早く体内から排出されることで二日酔いの症状緩和につながる。

また、グレープフルーツジュースは飲酒前や、飲酒後に飲むことで、肝機能を高めてアルコールの分解を促進したり、胃腸の粘膜を保護する成分が入っているので、胃腸からのアルコールの吸収を抑制する働きがあるので、二日酔いの予防策としても有効です。

その② 柿

柿に含まれる「ビタミンC」が肝機能を助ける効果が期待できることと、柿に含まれる「タンニン」「カタラーゼ」という成分がアルコールの分解にとても適している成分なので、二日酔いになってしまったときや、飲酒前や、飲酒後に食べておくことで、翌日の二日酔いを予防する効果も期待できます。

タンニンは皮に多く含まれているので、皮ごと食べるのがいいという説もあります。

その③ はちみつ

はちみつにはアセトアルデヒドを分解する働きをする「果糖」が含まれているため、二日酔いで頭痛の症状があるときにスプーン1杯のはちみつをなめるだけで効果が期待できます。

その④ しじみのみそ汁

しじみには肝機能を高める「オルニチン」が含まれているので、アルコールの分解を促進する効果が期待できます。

その⑤トマトジュース

トマトに入っているリコピンはアルコールを分解する効果が期待できるため、二日酔いには最適です。

その⑥カレー

カレーの成分にはウコンが入っているため、二日酔いの原因になるアセトアルデヒドの分解を促進させる働きがあります。

その⑦梅干し

梅干しに含まれているピクリン酸が肝臓の働きを活性化させて、クエン酸が疲れた体の回復に効果が期待できるため、二日酔いに最適です。

その⑧スポーツドリンク・水

二日酔いの時はアルコールの利尿作用によって、脱水症状になっていて、そのことが原因で体の不調が出ていることが多いので、まずは水分補給が必要ですので、水や、吸収率が良いスポーツドリンクが効果的です。

また、スポーツドリンクには糖分が含まれているため、その糖分が肝臓でアルコールを分解するときのエネルギーになるので、二日酔いへの効果が期待できます

その⑨大根おろし

大根おろしは消化酵素が含まれているので、胃の不快感や吐き気に効果が期待できます!

その⑩牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品

乳製品には肝臓の働きを助けてくれるタンパク質が多く含まれているので二日酔いに効果が期待できます。

その⑪卵

卵の白身にはタンパク質が含まれていて、肝機能の向上に役立つと言われています。また、黄身の部分にはシステインというアセトアルデヒドの分解を促進する成分が入っています。

その⑫バナナ

バナナにはビタミンCが含まれていて、肝臓の機能障害に関係するフリーラジカルを中和する作用があると言われています。

二日酔いになる前に食べ物で予防しよう!


二日酔いになってしまう前に、アルコールの分解や毒素の排出に効果がある食べ物をお酒を飲む前や飲みながら、飲み終わって〆に食べて二日酔いを予防しよう!

その①まずは飲む前に食べる

アルコールを飲む時には空腹は絶対にいけません!空腹時はアルコールの吸収率が高く、悪酔いや、二日酔いの原因になる可能性があります。飲み始める前には軽く食事をとるようにしましょう。

その②アルコールを飲みながら合間に水を飲むようにする

アルコールには利尿作用がある為、体から水分が抜け、脱水症状になってしまうと二日酔いの原因になってしまいます。なので、アルコールを注文したらお冷も持ってきてもらい、お水とアルコールを交互に飲むようにすると二日酔い対策として有効です。

その③おつまみには枝豆

おつまみの代表のような枝豆ですが、タンパク質が肝機能向上に役立つとされ、二日酔い予防に効果が期待できます!

その④おつまみに冷やしトマト

トマトにはリコピンが含まれているのでアルコールを分解する効果が期待できます。

その⑤緑茶

緑茶にはタンニンやビタミンCが含まれていて、アルコールの分解や肝臓の働きを促進させる効果が期待できます。緑茶割りなども良いと思います。

その⑥しめはラーメン!ではなく、カレー!

しめはどうしてもラーメンを食べたくなってしまいますが、カレーも意外とありですよ。

カレーにはターメリック(ウコン)が含まれているため、二日酔いの原因になるアセトアルデヒドの分解を促進する効果が期待できます。

その⑦寝る前に水を飲む

二日酔い対策に一番大事なのは水分をしっかりとること。寝る前に水を飲んで寝るようにするだけで翌朝だいぶ変わってきます。

その⑧栄養ドリンク(二日酔い防止ドリンク)

ヘパリーゼやウコンの力などのドリンクは、アルコールを分解するのを補助する成分が入っていますので、アルコールを飲んだらこういったドリンクを飲んでおくのもいいかと思います。

最後に・・・


いかがでしたでしょうか?今回は二日酔いに効果が期待できる食べ物や飲み物を調べてみました!二日酔いには誰だってなりたくはないですよね?でも朝起きたらいつのまにかなってしまっているのが二日酔い。なってしまったことを悔いるより、早く治すことを考えましょう!お酒はほどほどに…笑

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク