【2017年2月】最新Googleアドセンス審査落ちた人集合!

今回は【2017年2月】最新Googleアドセンス審査落ちた人集合!について記事にしました!

 

 ブログで収益を上げようとしている人にとって、避けては通れないのが【Googleアドセンス】ですよね。今回のタイトルは『【2017年2月】最新Googleアドセンス審査落ちた人集合!』とつけているので、ここにたどり着いた人は、ブログなどで収益を上げることを目標にして頑張り始めた方達だと思います。そして、訪問していただいている方の多くは、現在アドセンスを申請中(審査中)または審査に落ちてしまった方達ではないでしょうか?

 今回は、そんな人たちの不安を少しでも解消できればと思い、この記事を書こうと思いました。自分がGoogleアドセンス審査を通過した時のことを記録に残しますので、少しでもあなたの参考になれば良いなと思います(^^♪

そもそもアドセンスって何?


※この項目はアドセンスについてあまり知らない人以外は飛ばしてください。

 そもそも『Googleアドセンス』とは、企業に代わって広告を出し、集客することで、その集客できた実績に応じてGoogleから報酬が貰えるシステムです。

 例えば、テレビ局はCMを流すことによって、その企業から広告代を貰います。(スポンサー契約)テレビ局はその広告代を収入源として、経営をしています。CMを見てくれる人が多ければ多いほどその商品やサービスを利用する人が多くなるので、企業は多くの人にそのCMを見て欲しい訳です。なので、より多くの人が見る(視聴率が高い)番組、TV局には企業も多くのお金を支払うんです。

 多くの人にCMを見てもらう(視聴率を上げる)為にテレビ局は面白い番組を作ったり、誰もが見たいと思う内容の番組、特定の人の役に立つ情報、多くの人の為になる内容の番組などを作って、視聴率を上げようとします。

このテレビ局がGoogle、番組を作るプロデューサーが私たちなんです。

 Googleは広告を出したいスポンサーを募集し、私たちが集客するもの(ブログやサイト)を作り、広告がクリックされた回数や表示された回数に応じてGoogleから広告料として報酬が入るんです。

 アドセンスのメリット

 そして、アドセンスのいいところはそのサイトやブログの内容にあった広告や、観覧している人に合った広告をGoogleが勝手に選んで表示してくれるということです。

 例えば、釣りが趣味の男性が、釣りに関する情報が掲載されているブログを見ているとき、そのサイトに化粧品の広告が表示されても興味がないので広告をクリックすることはありませんよね。Googleアドセンスなら、この場合、『オンライン釣り具ショップ』や『釣り船の手配サイト』等といった広告を自動で選んで出してくれるんです。

 ネットでいろんなサイトを見ているとたまに、自分が最近欲しくてよくネットで情報を調べている製品についての広告がでていたり、旅行に行こうと思って観光地のことを調べていると現地のホテルの広告が表示されていたりすることってありますよね?あのような広告がアドセンス。見ている人に最適な広告を自動で表示してくれます。

 

2017年2月最新の審査は厳しい!・・・は、嘘!


 

『Googleアドセンスの審査は厳しい』『何回も落ちて、受かる気がしない』『もうどこを直していいのか訳が分からない』etc…ネット上には様々な意見がありますが、これらの意見ははっきり言って、間違っていると思うんです!

審査は厳しいのではなく、『当たり前のことをやっているか』ちゃんと見ているだけなんです。

金髪、ジャージで企業の面接に行って落とされた。←これです


 企業にもよりますが、現在の日本のほとんどの企業の場合ですが、面接を受けるにあたっては、スーツに落ち着いた髪色で受けに行きますよね。『アドセンスの審査に落ちた』と言っている人は、髪は金髪、服装はジャージで面接を受けに行っているようなもんなんです!

 グーグルアドセンスの利用規約をしっかり確認し、規約違反になるようなことをしなければ、

一発合格って実は簡単なんです。

じゃあ具体的に審査に合格するにはどうしたらいい?


 2017年2月現在、アドセンスに申請する為には独自ドメインが必要です。無料ブログでは申請不可能なので、エックスサーバー などのレンタルサーバーと契約し、お名前.com などで独自ドメインを取得する必要があります。

エックスサーバーの公式サイトはこちら

お名前.com公式サイトはこちら

 レンタルサーバーと契約し、独自ドメインを取得出来たら、ブログを開設しますが、ネットでは『申請用の為のブログを作って申請しましょう』などの意見もありますが・・・

これはしない方がいいです。

 アドセンスは審査に通れば、別のサイトにも広告を貼ることはできますが、審査申請するサイトは実際に今後もメインで使っていくサイトで申請しましょう。審査を通す目的のみで作ったサイトで実際に審査に通り、別のサイトでアドセンスを張り付けたとしても、そのサイトがアドセンスのポリシーに反していたらアカウントの停止や、最悪の場合、アカウントを解約され、二度とアドセンスのアカウントの取得が出来なくなってしまいます。

 運転免許を取るときに替え玉受験をしているようなもんですよ。そんな人はすぐに重大な事故を起こして、免許取り消しになってしまいます。

 

『ユーザーにとって有益であり、かつ独自性の高いコンテンツ』


 Googleアドセンスが求めているのはこれです!これが全てです!

ユーザーにとって有益なサイトとは何なのか。以下に私が思うところを書いていきます。

『お酒、たばこ、ギャンブル、アダルト、その他犯罪に直結する情報はNG』

広告主が嫌がるため、これらに関係するコンテンツを扱うサイトは審査は通らないでしょう。また、アドセンスを掲載するサイトは基本的には子供が見ても大丈夫なサイトという考えで作った方がいいため、暴力的な内容もNGです。

『サイトの質』

アドセンス審査合格には十分な量のコンテンツと良質な内容のコンテンツが必要です。これはあくまでも目安ですが、1000文字以上、30記事もあれば十分だと思います。ですが、単純にこの記事数があればいいというものではありません。記事の内容がなんの意味もないものだとNGです。以前は単純な日常を記録した日記のようなものでも審査が通っていましたが、今はそれは通用しません。

 具体的には、『〇月〇日、釣りに行きました。アジがつれました。楽しかったです。』このような内容では誰の得にもなりませんし、役に立たないため、Googleが求める『ユーザーにとって有益であり、かつ独自性の高いコンテンツ』に反しています。

同じ内容でも、『〇月〇日、天候は晴れ、気温は25度、この日は千葉の〇〇岬の××港の防波堤で釣りをしに行きました。今回の仕掛けは〇〇のメーカーを使用して、午前10時からスタート。午後2時までの間にアジが10匹つれました!近くには美味しいと有名なラーメン店があり、昼食はそこで済ませ、帰り道にある〇〇温泉で癒されて帰ってきました!とっても充実して楽しい日でした』これなら、釣りが趣味の人が見たら参考になりますし、誰かのためになる情報が含まれているので、有益なサイトであるといえるでしょう。

『ユーザーにとって見やすいサイト』

そのサイト全体の構成がはっきりわかるようにしておかなければいけません。カテゴリー分けや、サイトマップの設置、記事は見出しと本文を分けて<h2>などの見出しタグの活用)見やすいように。また、記事の目次を設置して、ユーザーが読みたいところをすぐに読める工夫も必要です。

 また、無駄な改行はNG。スマートフォンで表示したときに無駄にスクロールさせてしまう事になってしまうので、見やすいサイトとはなりませんね。

『画像使用や著作権』

よくGoogleアドセンスの審査に通過するまでは画像は使わない方がいいという情報をみかけますが、これは関係ないと思います。むしろ、画像を使って文章を書いた方が読んでいる側からしても読みやすいですし、文章だけだと単調になっていまい、飽きられてしまいます。ですが、ここで注意したいのは『使っていい画像かどうか』。映画を見た感想を記事のするときに、その映画の公式サイトの画像を勝手に使用したら著作権侵害として法律に触れてしまうのでNGです。画像を使用するときはその画像の著作権に注意しましょう。

また、歌の歌詞をそのまま掲載するのも法律的にはアウト。掲載するコンテンツは著作権に違反していないかを考えてからのせるようにしてください。

『プライバシーポリシー』

これは個人のブログであっても掲載しておく必要があります。サイトを観覧している人のプライバシーの取り扱いについての項目で、アドセンスを利用するサイトでは掲載が必須となっています。ネット上に参考文や、雛形がありますので、それを利用させてもらって、掲載してください。

『アクセス数(PV)、サイトの運用期間』

 これはあくまでも個人的意見ですが、アクセス数(ページビュー数)はある程度ないと審査通過できないと思います。ブログへのアクセス数があるということは、ユーザーにとって、有益なコンテンツであるということが言えるからです。逆にアクセスが極端に少ないサイトはユーザーに必要とされていないサイトと判断されてしまうのかもしれません。また、検索エンジンの評価を高めるためにはサイトの運用期間も少なからず影響してくるので、自然なアクセスが集まるまでには、ブログ開設からのある程度の運用期間が必要と考えています。

 

その他の情報


ここからはアドセンス審査には直接影響はないと思いますが、今後、ブログを運営していく上であった方がいいと思うものについて書きます。

『プロフィール』

サイトを訪れた人に、この記事はどんな人が書いているのかを知ってもらった方がいいとおもいます。人間性を表現しておくことで、リピーターの獲得にもつながる場合もあるからです。

『SNSのフォローボタンの設置』

ブログのファンを増やすためにも、フォロー、共有ボタンの設置は欠かせません。現在は幅広い世代が何らかのSNSをやっていて、ブログへのアクセスアップの為にはソーシャルメディアは無視できません!

また、ブログランキングに参加し、ランキングからのアクセスも集めれるようにしましょう。

『関連記事の表示』

ブログ記事を読み終わったあと、ユーザーは次の行動をどうするか考えます。ブログの記事の一番下に関連記事を表示しておくことで、ユーザーがほかのウェブページへ流れてしまうのを防ぐ効果があります。アドセンスの広告は1ページに3つまでと決まっているため、関連記事を見てもらえるという事は、次のページでも広告を見てもらえる=クリックしてくれる可能性が上がることへつながります。

最後に・・・


 今回はGoogleアドセンスの審査について、独断と偏見によって記事を書かせていただきました(;^ω^)

 アドセンス審査についてはネットで様々な情報が出回っていますが、結局のところ、アドセンス審査はまともなことを一つずつ丁寧にこなしてブログを構成すれば、問題なく合格できます。このぐらいはダイジョブかな?やここはグレーゾーンだから大丈夫か!などといったことはやめておきましょう。

また、アドセンスに合格することが目標ではなく、合格したあと、どのようにサイト運営をして、どうやったら多くの人に見てもらえるサイトになるのかが大切なんです。

 今現在、審査中の方も、審査を落ちてしまった方も、これからアドセンスに挑戦しようかと思っている人も、きっと大丈夫です!頑張ってください!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク